茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。画像は、素材サイトからお借りしているものが多いので、持ち帰りはなさらないでくださいね。

誰かが足りない  宮下 奈都 著

宮下 奈都さんの、「誰かが足りない」

 

最近、宮下さんの本を続けて読んでいる。

 

この前読んだ、スコーレ№4より、私はこちらが好みにあっている。

 

6つの短編が入っている。

 

大雑把に言えば、

様々な事情を抱えている人たちが、

少しづつ明るい方を見て、

一歩踏み出す。

「ハライ」というおいしいレストランに行こうね、って約束する。

 

 

物語の背景も、登場人物も、違う。

認知症とか、いじめとか、家族を失ったとか、

外に出られないとか、恋人が去ってしまったとか。

「足りない」は、人それぞれ。

 

それぞれの物語はせつないものだけれど、

おいしいレストラン「ハライ」のテーブルに着いて、

いっしょに味わいたい人がいる。

その人が来るか来ないかは、わからないけど、

一緒に味わいましょうという約束ができて、

その誰かを待つのが幸せで。

 

誰かを待つというのは、その間、その人のことを

心の中に浮かべているんだよね。

 

勇気を出して一歩踏み出して、

ハライで誰かと料理を楽しむことができ、

そうしてまた一歩

前にすすんで行きたいと思う主人公たち。

 

そんな、切ないけれど素敵なお話でした。

 

上手く言えません。

つくづく、感想を書くのがへたくそだと思います。

ネタばれ、ストーリーばれにならないように書くって、難しい。

 

ランキングに登録しています。

応援の1クリックを、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村