読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。画像は、素材サイトからお借りしているものですから、持ち帰りはなさらないでくださいね。

同姓同名の人に会ったことありますか

同姓同名の人に会ったこと、ありますか。

 

私は、とてもありふれた名前なので、何回かあります。

 

もう、そこら中に、いると思います。

 

はじめて「同じ名前の人がいるんだぁ」と発見したのは、中学生のとき。

 

ラジオから、懸賞の当選者の発表が聞こえてきました。

「〇〇市の、〇〇△△さん、おめでとうございます~~」

朗らかに言う女性アナウンサーの声に、びっくりしました。

だって、私は、応募していない。

そして、そして、えっ、同じ名前の人が同じ市内にいるわけ~~!

純粋だった私、素直に驚き、素直に面白がりました。

 

次は、ニアミス。

駅の近くの皮ふ科に行きました。

診察券を作ってくれたのですが、そこには、赤い色のインクで、

ゴム印が押してありました。

「同姓同名」って押してありました。

そのお医者さんには一度しか行かなかったのですが、

診察券はとってあります。

今、診察券を見たら、平成15年のできごとでした。

 

次のニアミス。

化粧品屋さんのカルテ、そこにも、もう一人の私がいました。

 

市内に、いるんだな、私と同じ名前の人が。

確信しました。

会いたいなあ。

 

そんなことをのほほんと考えていたら、

なんと、

転勤先に、

同姓同名の方が、いらしたのです。

住んでいる市が違うし、読み方は一緒でも文字も違いました。

ものすごく不便でした。

彼女の落としたペンが、私のところに届いたり。

あら、その係は私じゃないです、それは私の担当です。

所属名をつけて、〇〇課の△△さん、と呼び分けてくれていましたが、

なんとも居心地悪かったです。

噂話だって、どっちのこと言ってるかわからないし。

〇〇△△が2人いるって知らない人は、

2人の人間の人格を正しく把握してくれないだろうし。

彼女の転勤で、居心地の悪さは、終わりました。

(ちなみに、仲が悪かったわけではありません。

 でも、名前、呼びにくかったので、話しかけづらかったです)

 

次の次のニアミス。

10年位前でしょうか。

デパートの化粧品売り場のカルテにも、発見しました。

皮ふ科の人か?

化粧品屋さんの人か?

別口か?

 

そうして、去年、妹が

「おねえさん。今日、内科に行ったら、〇〇△△さんって、会計で呼び出しがあったよ。でも、姿が見えないからどうしたのかと思って。今日、病院、行きました?」

と言うではありませんか。

いいや、私は、行ってない。

とうとう、こんな近くまで、現れたんだ。

病院で、ニアミスしたら、おもしろいだろなあ。

いや、大変だよね、病院だもの、間違ったら大変。

 

ちなみに、妹は、もう、すでに、自分と同姓同名の方と、出会ったそうです。

先を越されてしまいました。

そう、妹も、同じ苗字ですもん、同姓同名、多いみたいです。

 

さて、なぜ、こんなことを書いているかというと、

今度、同じボランティアサークルに、

とうとう同じ市に住む、

同姓同名の方が入ってくるということなのです。

 

今度こそ、会える。

どんな人だろう。

「〇〇病院、行ってますか?」

「〇〇化粧品使ってますか?」

なんて聞いたら、おかしな奴だよねえ。

トーカーみたいだよねえ。

もうすぐ、その会があります。

 

ちょっとわくわくしています。

 

でも、不具合が生じるのも予想されます。

 

みんな、どうやって、呼び分ければいいか、考え中みたいでした。

 

年齢とか外見とかで、言い分けるのは、嫌だなあ。

 

年配の方、とか。

太った方、とか。

メガネの方、とか。

ドジな方、とか。

ずうずうしい方、とか。

古い方、ってのも、やだなあ。

 

住んでいる町の名前をつけて呼ぶ、のが妥当かなあ。

 

これ読んでいるみなさん、

こんな苦労?したこと、ないでしょ。

 

 

ランキングに登録しています。

応援の1クリックを、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村