茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

読書記録「老いた親を愛せますか?」岸見一郎 著

老いた親を愛せますか? それでも介護はやってくる

岸見一郎 著

幻冬舎

2015年12月10日 発行

 

母に内緒で読みました。当たり前か。

 

著者の体験からの話でした。

実際にご自分のお父様と過ごした介護体験から、

介護について私たち介護予備軍に教えてくださるこの本。

本気で読みました。

たくさん、付箋が付きました。

その部分は、これから、読書ノートに手書きで書き写したいと思います。

一文字一文字書くと、自分の心に入っていくような気がして。

 

私は、自分の性格から、

ちゃんと穏やかに介護生活はできないと思っているので、

この本を、教科書気分で読みました。

今現在、介護をしていて、親御さんのことを尊敬できなくなりつつある人、

親御さんの老いを見つめているのがつらい人、

読んでもけっして損はしません。

私は読んでよかったと思います。

 

自分の親が老いていく姿、

分からなくなってゆく姿、

見ていてつらいし、

直視したくないけれど、

そんな子供としての自己中を、そうじゃないよ、こう考えなさいね、

って教えてくれました。

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング