茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

え~~今年も厄年なの???

友人と、散歩のついでに(ついでじゃいけなかった)神社に行きました。

そこで、厄年の一覧表を見てみると、

あ~~らら。

また今年も厄年なの?

 

その神社に行くまでは、

「私たちもう厄年も終了だよね」

「うん、60歳の後厄が終わったから、もうないと思う」

「いくらなんでも、もう、厄はないんじゃない?」

そんな会話をしていたのに。

「神社によって、厄年違うことあるよね」

「今年3歳になるチビが、厄年だって言ってた」

「かわいそうにねえ、そんなに小さい頃から厄を気にするなんて」

「そういえば、厄年って、昔より増えてない?」

「神様も、面倒見がよくなったのかしらね。厄年増やすって」

なんて気楽な気持ちでお参りに行った神社で、

自分たちも厄年だと知らされてしまった私たち。

私たち3人は、高校の同級生なので、同い年。

残念ながらこの神社によると、厄年らしいです。

八方ふさがりとか書いてある。

なにそれ、最悪じゃん。

 

「お賽銭、 奮発しとこう」

「金額でどうこうじゃないんじゃないの、神様だもん、気もち気もち」

「いいや、金額に応じたご加護かも」

「ちゃんと住所氏名言うんだよ」

「お願いじゃなくて、誓うんじゃないの」

「私、お守り買って行く」

「そういえば、クレヨン、お守り好きだよね」

「大学受験の時、いっぱいお守り持ってきてたよね」

「あれは、親が集めたんだよ」

なんともにぎやかなお参りでした。

とても、還暦過ぎの、落ち着いたオバサマグループとは思えません。

 

神様、うるさくて、気分を害したりしてないだろうなあ。

よろしくね。

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング