茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

読書記録 「コンビニ人間」 村田沙耶香著  

 

美容院に行った。

 

行く途中で気が付いた。

 

あら、今日は、文庫を持って出るのを忘れてる。

 

文庫がないと、美容室での時間が持ちこたえられない。

 

おしゃべりも楽しいが、2時間半のおしゃべりは、無理。

 

途中に本屋さんがないので、回り道して本屋さんに寄って、本を選ぶ。

 

迷う時間はない。

 

薄い本を新刊の中から探すことにした。

 

そうして買ったのが、「コンビニ人間」です。

 

賞を取った時から気にはなってたけれど、変な題名なので買うまでは行かなかった本。

 

文庫だからいっか、と買ってみた。

 

美容室で半分、自宅に戻ってから半分。

さらさら読んでしまった。

 

普通って、何?

普通もマニュアル化されているわけだ。

普通でいるのが、偉いんだ。

普通なのが、正義で正しいんだ。

そう世の中はなっているんだね。

 

わが身を顧みれば、私も「普通」に追い詰められてることがあるなあ、なんて。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング