茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

母一時退院。次の病院は。

 

母が退院する。

おなかの調子が戻ったので、もう点滴不要になったから。

母は、それを聞いて、すぐその日に退院する気で喜んだ。

でも、そうはいかない。

色々な手続きやら書類の準備やら、薬の調整など、なんやかやで、即日退院とはいかない。

 

退院して、家に戻ったら、

入院中に見つかった不具合があるので、

大きな病院に行かねばならない。

また検査かあ。

ここでやった検査、同じようなの、またするんだろうなあ。

結果によっては手術が必要かもしれない。

体力と相談しながらの治療になるんだろうなあ。

 

お盆の時期なのに、次の病院に受診に行かねばならない。

母を連れて、タクシーでお出かけだ。

 

どうせ、待たされて、初診担当医がちょこっと診察して、

次の検査の日を決めて、

また行って。

検査の結果が出てから、専門の先生の出番。

まったく、大学病院て、面倒。

すぐに専門医が出てくればいいのに。

 

「退院したら、母さんと病院に行ってくるから」

そう2階の弟に言ったら、

「なにも孫が帰ってきて泊まる次の日に行かなくても」

なんていう。

泊まったって、昼間はお2階さんだけで食事や買い物に行ってしまう癖に。

お盆で姪っ子たちが帰って来たって、夜はおしゃべり楽しむけれど、

昼間の母と私にゃ無関係だもん。

家にいようが病院に行こうが、2階には、なんの影響もない。

 

弟は、自分の親が病院に行くのに、帰省した子供や孫と出かけることに、後ろめたさがあるんでしょう。

すっきりした気分で楽しめないから、嫌なんでしょう。

でも、それって、自分の気もち優先してるだけじゃん。

一刻も早く、医者にかかりたいっていう母の気もちは置き去りじゃん。

じゃあ、子供たちとの買い物なんか出かけないで、母親を病院に連れてけよ。

だよなあ。

いっぱい母親に世話かけたくせにさあ。

 

半年ぶりに帰省する子供たちにサービスしたいんでしょう。

その気持ちもわかる。

姉として、全く責めちゃいませんとも。

素直に、

「俺、子供たちと出かけるけど、母さん頼むね」

って私に言えばいいじゃん。

その一言で、いいんだけどなあ。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング  

 

スースーシャンプーを使ってみました。

母が入院して、2週間。

毎日の病院詣でで、疲れてしまった。

 

疲れたので、だんだん、自分が不機嫌になってきているのがわかる。

 

病院から帰ってきて、夕方美容院に行った。

いつものお店。

いつもの美容師さん。

おしゃべりを楽しみ、きれいにしてもらい、ヘッドスパをしてもらい。

気持ちが明るくなった。

人の気持ちが変えられる仕事をは素敵だ。

 

シャンプーが気持ちよかったので、よく聞いてみたら、

美容院で売っているという。

美容師さん(男性)は、一年中使っているんだとか。

 

お風呂に入って、最初に髪を洗って、身体を洗っているあいだも泡をつけたままにすると、

スースーして気持ちがよいって。

直ぐにすすいじゃダメなんだそうで。

髪に長い間泡をつけておくのがポイント。

こういう情報って、実際聞かなきゃわからないもので、

人からの情報って、貴重。

 

夏のシャンプー、これですよ、みなさん。

 

購入してきて、

さっきお風呂に入って、教えて貰った通りにシャンプーした。

今も心地よい。

 

ヘアシーズンズ アロマシロップス アイスポラリス シャンプー

 

いい気もちのシャンプーを紹介してもらえて、

腐り勝ちの気もちを、上向きにしてもらった。

 

自分をごきげんにする方法を、こうして見つけていくのって、大事だなあ。 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング  

 

20代に買った麦わら帽子をかぶった還暦おばさん。水やりは嫌い。

 

私は、インドア派?なので、庭木や花の水やりは好きではありません。

暑い中、なんで蚊に刺されながら水やりしなくちゃいけないのか。

植木の水やりなんて、嫌いだあ~~~。

かったるいだけじゃん。

そりゃ、プランターの中の花は、咲いてればきれいだし、

見ていてうれしいし。

でもね、わが家は、馬鹿なの。

狭い庭に、ぎっしりと植木鉢が並んでいる家が時々あるじゃない、

あれなのです。

少数精鋭で、きれいな鉢を並べるならよい。

しかし、私の両親は、違うのです。

亡くなった父は、皐月を集めていて、ずらっと並べて

はしから手入れをするのを趣味としていたのです。

だから、亡くなって15年たつけど、その名残がいっぱいあるのです。

母は母で、野草が好きで、なんだかわけのわからない草木を植えている。

もう、数珠玉まで庭に生えているんです。

川原かっちゅうの。

 

水やりは母が運動をかねてしていた仕事だけど、

体調を崩し、入院し。その代わりにやるのは私。

ほんっとにヤダ。

病院行くのとか、その他の仕事はいいけど、

水やり、嫌い。

 

日焼け止め塗ってもだめだし、

虫よけスプレーも完璧じゃないし。

今朝は、腰が万全じゃないので、しゃがみながらホース握ってました。

 

さて、表題の麦わら帽子。

20代の頃、職場の友人たちとテニスをしに、軽井沢に遊びに行ったときに買った麦わら帽子。

薄緑の麦わら帽子。

白と黄色とピンクの花がちょこっとついている。

白と緑と薄緑のひも状のりぼん?がまいてあって、端がひらひらしていて。

かわいいでしょ。

そのとき以来、出番はなかったものの、とっても気に入っている色なので、

傷んでもいないので、とってあった。

 

今年は、それが、大活躍。

押し入れの上の奥から取り出した麦わら帽子は、新品のよう。

それをかぶって、水遣りしている。

 

ちょっとだけ、いい気分。

 

首にタオルまいてるいでたちは、ちっとも素敵じゃないけれど、

頭の中には、あの夏の思い出が~~~~。

 

ああ、みんな、今は、おじいさんおばあさんになっちゃったもんなあ。

みんな、どうしているかなあ。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング