茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。画像は、素材サイトからお借りしているものが多いので、持ち帰りはなさらないでくださいね。

♪ぱんぱん、ぱんぱん、フライパン。あったらしぃ~フライパン~♪

うかれています。

 

新しいフライパンを買いました。

ただ、それだけの記事です。

ここで、読むのやめても、損しません。

 

 

わが家は、IHコンロを使用しています。

このコンロは、おしゃべりです。

「〇〇が、なんたらしたので、加熱をやめます」

などと言って、勝手に過熱をやめたりする、生意気なコンロです。

機械のくせに、こちらの意思に反して、勝手に過熱をやめちゃったりするのです。

 

フライパンをよく使います。

大小、2個を使っています。

この、小さい方のフライパン。

長年使っておりまして。

経年劣化とでもいいましょうか。

底が、平たくなくなってきています。

そんなに乱暴に使っているわけではないのに。

不思議なことです。

私の骨密度が減るのと同じく、フライパンの鉄密度も減ったのでしょうか。

 

この小さいフライパンで、調理をしていると、

最近、よく、「勝手に過熱を辞めちゃうからね事件」

が起きていました。

 

ほんとに、むっとします。

途中までフライパンを認識してたくせに、

ちょこっと動かしただけで、認識できないIHの方が悪いと思うのですが、

IHは、偉そうに、「認識できません。加熱やめます」

 

もう、私も母も、IH相手に口答えし、

ののしり、なだめすかし。

でもIHに心はないので、そういうこちらの気もちは伝わりません。

 

さすがに、母子して、

「もう、このフライパンは、諦めよう。

 ガスなら使える状態だけど、

 この融通のきかないIHには、使えない」

そう意見が一致しつつあったわけです。

諦めがついてきたわけです。

 

で、先日、通院の帰りにふらりと寄ったデパートの売り場に、

きれいなフライパンが並んでいて、

これも出会いだ、今日買って帰ろ、荷物多いけどさあ。

ということになり、

サイズを調べ、

持ってみたり振ってみたり、

同じサイズなのに、値段の差はなんなのさ。

とかいろいろ考えて、

レジへ。

 

「はい、お待たせいたしました。

 ガス用のフライパンでよろしいですね。」

 

え~~~~。

いやいや、違います。

IH用。

さっきよく見て決めたのに。

なんで、2人して、間違えるのか?

 

よくよく見れば、置いてある値札と説明書き、隣のフライパンのだったの。

 

お店の方が、ちゃんと確かめてくださってよかったです。

こういうところが、店員さんのプロなところ。

客に恥をかかせない、出しゃばらない言い方で、確認してくださる。

ありがたいことです。

 

無事に買ってきた新しいフライパン。

 

もう、IHに、存在を否定されることはなくなりました。

 

気持ちよいです。

最初から最後まで、IHのおせっかいに邪魔されずに料理ができる。

 

フライパンを新しくしただけなのに、

ウキウキ気分。

 

なのに。

なぜなの。

 

昨夜、母が使っていたのは、

古いフライパン!!

 

なぜに?

 

あんなにIHに口答えされて、むっとしてたくせに。

 

捨てられないんですね、母には。

「まだ、使える」って、思っちゃうのでしょう。

穴が開いたわけでもないし、取っ手が取れたわけでもないし、

焦げ付きがひどくなったわけでもないのですから。

 

そういう、何でも始末して使う母のおかげで、

わが家は、今まで無事に過ごしてきたわけですけれど。

 

でも、もう、いいんじゃないかしら。

このフライパンは、役目を終えたわけだから。

 

はい、そう母に話し、捨てさせてもらいました。

 

ありがとうね、フライパン君。

 

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、励みになります。


にほんブログ村   ありがとうございました。

 

困っています。下着が買えません。★1分おしゃべり

朝から、へんちくりんなテーマ、お許しを。

 

 

 下着が買えない。

どうしてかというと、

いつも使っている下着を買っていた近所のお店が閉店しちゃったから。

もう一軒の、それを扱っていたお店でも、扱わなくなってしまったから。

 

ありゃ、こりゃ、たいへん。

心と違ってとてもデリケートなワタクシのお肌は、あの下着じゃないとダメ。

いや、多分、他にも大丈夫な下着はあるだろうけど、

20年以上、あの下着を着ている。

もう、他のメーカーさんのには、替える気がしない。

馴染んだ、第二の皮ふだ。(ちょっと大げさ)

 

どうしよう。

 

今までのは、全然かゆかゆにならない、穿き心地のよい下着だった。

ぜんぜんおしゃれじゃないけど、穿きやすい下着だった。

 

たかが、下着。

でも、毎日身につけるものが、微妙に違和感あると気もちがよくない。

出来たら、快適に過ごしたい。

 

困った私は、友人にリサーチした。

 

隣の市のお店にあるかもしれないとのこと。

 

そのお店は、隣の市の駅から、遠い。

バスも少ない。

確かにあるかどうかも、わからないって。

だから、よし、行こうってなかなか重い腰が上がらない。

 

しかし、家には、在庫があと1枚しかない。

 

私、大ピンチ。

 

不確かな情報を元に、下着数枚のために、

よっこらしょって出かける元気が、今、ない。

 

う==ん。

 

まったく、もうっ!!

 

何で閉店しちゃったのさあ。

 

 

 

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、励みになります。


にほんブログ村   ありがとうございました。

単行本6冊を持ち歩くのは苦行でしかない。うれしいけどさ。

 「ねえ、これ、借りてかない?」

ボランティアサークルの先輩のお言葉。

「今日、電車できちゃってさあ。

 今、〇〇さんから返されたんだけど、持って帰るのつらいんだ」

 

袋を覗くと、おもしろそうなシリーズ。

読みたい、読みたい。

でも、6冊も。

 

「返すのいつでもいい。

 そのまま△△さんに渡しちゃってもいい」

 

期限がないなら、借りて帰ろう。

どうせ、暑いから、そんなに出かけないし、図書館に行くのさえ億劫だし。

 

借りて帰ることにしました。

借りた時は、うきうき。

 

ところが、持っていると、不思議なことにだんだん重くなる。

実際の重さは変わらないのにねえ。

 

夕飯のための買い物もして帰る予定だったんだあ。

間の悪いことに、牛乳と豆乳を買わなくちゃならない。

合わせて、2キロだあ。

 

帰り道、

ビッグショルダーに買い物したものを入れ、

手提げにサークルの道具を入れ、

もう一つの手提げに本6冊を入れ。

そして、日傘を差し。

 

どっこいしょ、よいこらしょ。

ゆらゆら揺れながら、

炎天下の照り返しのきつい道を、

おぼつかない足取りで歩く私。

 

本は、とても好きだけど、重さが半分になればもっとうれしい。

軽い紙の本、できないかなあ。

 

こんな思いをして借りてきた本。

楽しもうっと。

 

今、2冊目に突入です。

これから、母の医者にお付き合いしますが、

本を持って行きます。

べらぼうに待たされるもの。

 

でもさあ、単行本の持ち歩きは、重い。

 

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、励みになります。


にほんブログ村   ありがとうございました。