茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。画像は、素材サイトからお借りしているものが多いので、持ち帰りはなさらないでくださいね。

悪性の腫瘍が‥‥‥の電話。よかれと思って口から出した言葉が、そのまま彼女にとってのよき言葉とは限らない。

 大学時代の友人Aから、電話があった。

「クレヨンちゃん、Bちゃんから、電話あった?」

 

私たち3人は、大学の学部のクラスが一緒だった。

卒業後、仕事に夢中になり、病気になり、子育てをし、介護をしと、

まあ3人ともいろいろあって、

年賀状や暑中見舞い、ときどきのメールでの細々とした付き合いが続いていた。

今、アラカンになって、私が退職しAさんの子育ても終わり、

以前より連絡をとりあって、

たまには3人で会うようになっている。

ここ数年は、AさんとBちゃんは、わりと頻繁に電話で話していたらしい。

 

 

私には、Bちゃんからの電話は、まだ、ない。

 

Aさんの話によると、

Bちゃんは、今年の胃健診の再検査で、悪性の腫瘍が見つかったという。

 

毎年職場で検診を受けているはずだから、

今年見つかったってことは、早期発見なのだろう。

これから、治療の方向を相談とのことだ。

 

 

Aさんは、私に、Bちゃんに電話してあげてと言う。

 

Bちゃんは、一人暮らし。

さぞ、心細いだろうと思う。

ご両親もいなくて、きょうだいもいない。

彼女の心の内を想像しただけで、いたたまれなくなる。

心が痛くなる。

 

でも、私が電話して、何を話せばいいのだろう。

どんな言葉をかけたらいいのだろう。

こんなときの言葉の難しさ。

よかれと思って口から出した言葉が、そのまま彼女にとってのよき言葉とは限らない。

 

「大丈夫だよ」って励ましになる?無責任になる?

そんなに軽く言わないでって思うかも。

「私の知人も、胃を半分以上とったけど、今、元気に普通に生活しているよ」って、

励ましになる?かえっていらってする?

その人の場合と自分の場合と同じじゃないし、って思うかもしれない。

「私にできることある?」って親切?おためごかし?

「心配されすぎる重さ」は、Bちゃんの負担にしかならないし。

 

それに、私に電話が来ないってことは、

私には、内緒にしていたいのかもしれない。

(電話がこないことを僻んでいるわけじゃない。)

 

私に病気のことを話したくないのは、

彼女なりの理由があるんだろうとも思う。

話しにくいのかもしれないし、話たくないのかもしれないし。

話したいけど、伝え方を迷っているのかもしれないし。

 

それなのに、

「Aさんから聞いたけど」

っていう連絡を入れてもよいものだろうか。

 

Bちゃんが話したくなったときに、

話してもらえばいいんじゃないか。

 

いいや、この考えは、私が逃げてるだけ?

 

ごちゃごちゃと、頭の中で、考えが渦巻いている。

 

いつもの通りに、考えすぎ?

 

さっさと、電話すればいい?

最近どうしてる?って。

 

これが、私だったらどうだろう。

自分の不調を、いろいろな理由で、

知らせたい人と、知らせたくない人がいる。

自分の状態を知らせて、普通に付き合える人もいるし、

病気のことを知らせないで、普通に付き合いたいって思う人もいる。

深刻な話は、相手を選ぶ。タイミングを選ぶ。

Bちゃんは、どうなんだろう。

Aさんに話したら、クレヨンまで知ってしまったということで大丈夫なのか。

 

Aさんは、優しい。

ものすごく優しい人なんだ。

「クレヨンちゃんに電話がなくても、

 Aさんから聞いたよって、電話して、励ましてあげて」

って言う。

 

そうなのか?

私が、めんどくさいヤツで考えすぎか?

私が、知ったことをBちゃんに知らせていいのか?

 

ぐるぐると考えが回っているだけで、

結論が出せない。

 

どうしよう。

 

どうすべき?

 

私は、Bちゃんのことを思って、迷っているのか。

ただそういうつらい電話をしたくないという自分のことしか考えていないのか。

それも、

わからない。

 

こんなとき、ひとはどうするんだろう。

 

知りたい。

 

どんな言葉をかけられたら心の支えになったのか、知りたい。

ものすごく、知りたい。

 

電話があってから、ずっと考えている。

Bちゃんの心の負担になるような行動は、絶対ダメ。

 

人の気もちになって考えるってことは、こんなにも難しいことなんだ。

 

頭が悪くて、決断力がなくて、一本の電話もかけられない、情けない友人。

それが、今の私。

いったい、なんのための友人なんだか、わからないじゃない。

 

 

 

多分だけど、

こちらから何かを伝えるのでなく、「Bちゃんの話を聴くこと」だけが私にできることなんだろうな。

Bちゃんの話したいことだけを聴く。

ただ聴く。

Bちゃんの言葉から、Bちゃんの気もちを推し量る。

 

全身を心にして聴く。

それしかないな。

そうして、Bちゃんがしてほしいなと思っていることがあるか、考える。

 

 

この結論でいいかなあ。

 

 

 

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、励みになります。


にほんブログ村   ありがとうございました。

4×100mって、正しいの?★1分おしゃべり

 

ほんとに、つまんないことなんだけれど。

 

4×100mリレー。

 

どうして、100m×4リレーじゃないんだろう。

 

小学生は、きっと、困っている。

 

かけ算は、

 

1つ分×いくつ分

 

と習っているから。

 

テストで、4×100って書いたら、バツに違いない。

 

4人の100倍じゃ400人でしょう~~~

100メートルの4倍で、400mですよん。

 

って先生に叱られる。

 

今まで、気にならなかったのに、

なぜか、ふと、気になってしまった。

 

学校で習うことは、実社会では、役に立たないのかしら。

そんなこと、ないですよね。

 

 

 

 

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、励みになります。


にほんブログ村   ありがとうございました。

祖母の遺品の着物からストール★1分おしゃべり

母が、気が向いたようで、古着を整理している。

けちけちで、捨てられないヒトだから、

プチゴミ部屋なりつつあるが、

私は、片付けについてはできるだけ、口出しせずに、気が向くのを待っている。

今回、お盆の道具を出していて、

古い衣類の塊が出てきて、それを処分する気になったらしい。

 

古い着物をほどいて手芸に使うと言いながら、ほどき始めた。

黒地に紫、あら、それは、私の好みではないか。

話を聞けば、私から見て祖母(父方の)の着物だそう。

祖母が亡くなったときに形見分けでいただいてきたそう。

さて、何年前のでしょう、この着物。

あんまりよい絹じゃないかも。

でも、いい柄なので、何かに使いたいなあと

布を触っていたら、ひらめきました。

そうだ、ストールにしよう。

簡単なリメイク。

両端を、まつり縫いするだけ。

 

できたのが、この写真のもの。

使えそうでしょ、この色。

 

 f:id:kureyonnobasann:20170816192832j:plain        f:id:kureyonnobasann:20170816192905j:plain

 

縫いながら、祖母の思い出話を母と二人でしました。

お盆のいい供養になったかも。

 

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、励みになります。


にほんブログ村   ありがとうございました。