茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

90歳記念旅行

 

母がめでたく90歳になった。

 

愚弟と愚姉(私)とで、お祝いを考えた。

 

料理屋さんでの食事会もいいけど、一昨年、米寿の祝いをしたっけな。

うれしそうだったけど、なんだか、同じことをするのも芸がない。

 

そして、じゃあ、温泉に連れて行こう、そこでお祝いしようということになった。

誕生日は、家で、ケーキとネックレスでお祝いしたけど、卒寿のお祝いもちゃんとしたかったのだ。

 

先日、行ってきた。

母と、弟と、弟の嫁と、私と。

とんだ老家族。

弟の運転は確かで、これは安心。

義妹もしっかりもので、会計は、お任せ。(もちろん、割り勘)

私は、母の見張り。

 

いやあ、気をつかうことつかうこと。

弟夫婦にではない。

 

母にだ。

湿った道路でこけないか。

坂道大丈夫か。

この距離、歩けるか。

念のため、シルバーカーも積み込んでの旅行となった。

母は、意地っ張りなので、ぎりぎりまで頑張る。

「絶対に、無理、となる前に自己申告せよ」と言い聞かせて出発したのだが。

階段や坂道やお店の入り口で、義妹が気を使って声をかける。

私は、黙って、斜め後ろを歩く。

すぐに手を出せるよう、両手はあかせて。

ホテルでも、浴場ですべらないか、大変心配であった。

 

夜、慣れない布団と枕なのに、私は、ぐっすり寝てしまった。

疲れたんだなあ~~~。

朝、母に聞けば、母も一度も起きることなく朝までぐっすりだったとのこと。

 

たった一泊二日の、お祝い旅行。

ホテルは、特別な部屋だった。

二人で、こんな広い部屋~~、びっくり。

部屋の中に、石灯篭まであった。

f:id:kureyonnobasann:20190624171157j:plain

ホテルのご好意なんだろな。

よい温泉旅行であった。

 

 

だがしかし、私は、疲れたことこの上ない。

 

でも、ごちそうを前に、寿の衣装を着けてうれしそうに笑ってくれた母の顔が、私たちへのプレゼントだった。

 

忙しくて、まだ、写真も整理してないけれど、また大きくプリントしてあげよう。

母は、茶の間に米寿の祝いの写真を飾っている。

その隣に、もう一枚、おめでとうの写真が並ぶ。

母は何も言わないけれど、写真のプリントを心待ちにしてるんだろうな。

忙しさにかまけて、写真のプリント、いつになるんだろ。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング  

 

 

 

美しい洗濯機ですっ!!

 

 久しぶりの更新です。

 

わたくしは、元気でした。

 

忙しくしていました。

 

いろいろと、医者通い以外にも、するべきことがあって。

 

今日は、洗濯槽をきれいにする日だったのでした。

 

普段から、なんとかという白い粉の入った小袋を洗濯時に入れて、洗濯しているので、

洗濯槽の裏側はきれいなはず。

 

でも、自分の目では、見られない。

 

ラジオやテレビや雑誌で、きったない洗濯槽の裏側の画像を見せられたり聞かされたりして、私の洗濯機の洗濯槽の裏は、きれいなはずだが、不安だ~~。

 

という気持ちにさせられてしまう、気弱なわたくし。

 

買っておいた洗濯槽掃除用の薬剤を入れて、洗濯槽掃除をしました。

 

といっても、水をためて薬剤入れて、洗濯槽掃除のスイッチ押すだけなんですけどね。

 

途中で、洗濯槽を覗いたら水は、とってもきれいだった。

 

コマーシャルのように、どぶ色には、なってなかったです。

 

よかったよかった。

 

こまごまとした部品や、洗濯槽の隅っこなどを、ブラシや楊枝で掃除して、

 

我が家の洗濯機は、美しい状態です。

 

やはり、毎日使っているあの、白い粉の入った小袋が役立っているようで、うれしかったあ。

 

すっきり気分で、今、ここに座っています。

 

梅雨時は、黴に過敏に反応してしまう~~~(だじゃれで終わります)

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング  

 

 

 

読書記録 「水曜日の手紙」森沢明夫 著 &、自分が嫌い

f:id:kureyonnobasann:20190519105758j:plain

「水曜日の手紙」森沢明夫 著 角川書店

 

あったかいお話が気に入っている森沢明夫さんの本。

あったかい気持ちになりたいときに、手に取る作家さんの本。

今回も、読後にあったかい気持ちになりました。

 

なんだか、いろいろと、小さな気鬱なことが折り重なって、

おしゃれする気分にもならず、

積極的に人に会う気にもならず、

のここひと月でした。

 

少しは、自分の心の手当てをしなくちゃ、

うつうつの低空飛行に陥ってしまいそうで、

森沢さんの本を読みました。

 

まず、本を読もうっていう気になった時点で、すこうし上向きにはなっているんだとは思いましたが。

 

こちらの本を読んで、

よし、ちょっと、自分を変えましょうかねえ、

なんて思って。

 

森沢さんの本の力は、すばらしい。

少なくとも、私には、効く。

ありがたい作家さんです。

今回も、手帳のメモ欄に書き出した言葉がいくつかありました。

手帳にペンで丁寧に書いて、色鉛筆で回りに模様を描いて。

大切にしたい言葉シリーズがまたひとつ増えました。

 

さて、話は変わります。

 

そのあと、友人と会う機会がありました。

友人なのかどうかもよくわからないけれど、

長い付き合いではある人たち。

気を遣う人たち。

イラっとすることがままある人たち。

でも、心穏やかに一緒の時が過ごせればいいなと、出かけました。

 

失敗だった。

 

待ち合わせの時間に、微妙に遅れてくるのが嫌。

駅について、トイレに行くかもと思うから、わたしは、最低10分は前に駅に着くように電車を選ぶ。

Aさんは、その計算をせずに、ぎりぎりにつく電車に乗ってきて、

「トイレに行ったら、遅れちゃった、ごめんね」とぼそぼそ言う。

もう、スタートから、イラってする。

Bさんは、いったん改札から、ごめんの合図をしてそれからトイレに出かける。

結局、AもBも、5分遅れね。

不機嫌を吹き飛ばして、お散歩スタート。

でも、なんだか、だめな日だった。

 

驚いたことに、

帰りの電車で、顔以外のほぼ全身にじんましんが!!!

 

私は自分が気の毒になった。

こんなにストレスたまったんだあ、たったの一日で。

 

「今度は、アジサイ見に行こうね」と笑顔で言う二人に、

私からは連絡しない、と決めたのでした。

 

そして、いま、ここで、友人の悪口という毒を書いている自分が、とっても嫌いです。

人間関係がうまくいってないのは、お互いに責任があるのに、友人のせいにしてるし。友人たちだって、少々私が不機嫌なのを察してくれてたかもしれないのに。

自己中の自分を今見つけて、さらに、自分を嫌いになったのです。

 

 

大好きなニチテンでも、気分転換気持ち回復できなさそう。

 

もう一度、森沢さんの本を読もうかなあ。 

 

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング