茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

幸せな夜。省吾様ありがとう。

 

正露丸のお世話になりながら、電車に乗って遠出した。

 

目的地は、浜田省吾様のファンクラブイベント。

コンサート形式のイベントです。

 

前日からの体調不良でしたが、浜田様のイベント、せっかく当選したチケット。

途中退席でもいいから参加することにして、出かけました。

 

1時間も早く会場に着き、座席とトイレの最短経路を見つける。

緊張のあまり、一時間に3度もトイレに行く。(出ません~~~)

 

コートを座席の下に押し込んで(冬は、コート用にビニルのごみ袋持っていくのです)準備OK。

 

ライブが始まり、会場は熱気に包まれる。

男性の野太い「しょうご~~」の声が飛び交う。

「しょうご~~」「しょうごさ~~ん」と、元気な女性の声も。

至福の3時間が過ぎました。

懐かしの曲ばかり。

当時の自分を振り返ったりもしながら、

聞きほれ、見とれ、一緒に歌い、

曲に乗って体を動かし(ちょっと背中にきてしまった・・・)

手で足でリズムを刻み、腕を振り上げる。

 

とってもとっても幸せな夜でした。

なんてなんてかっこいいんだ、省吾様。

気が付けば、おなかの不調なんてふっとんでいました。

 

今朝は、ぐったりと疲れが出ていて、結局布団から出たのは、10時でした。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング  

 

 

 

気が付けば12月

気が付けば12月。

 

ここに来る時間の余裕がなかった。

 

記入しない日がこんなに続くと忘れられてしまいそうで、とりたたて書く記事はないけど、書きに来てしまった。

前回の記事以降の私。

 

友人とライブに行った。

編み物をたくさんした。

縫物も楽しんだ。

本も少し読んだ。

映画を観た。 

久しぶりの飲み会に参加した。(ウーロン茶飲み)

掃除も少しした。

片付けも捨て物も少しした。

そして、あちこちの病院に行った。

自分の病院と、母の病院と。

忙しい日は、なんと、4つの病院に行った。

なんて売れっ子なんだ。

病院に行く合間に、ぴっちり遊びの計画を立てたこの2週間。

そりゃ、余裕なくなるわけですね。

 

人生初の、医者に行くようなやけどをしたのがニュースかな。

 

コーヒーを淹れていたときのできごと。

手の甲にお湯をかけてしまい、やけどした。

水道水でいっぱい冷やして、氷を巻いて、皮膚科に走った。

(車がないので、ほんとの小走り)

「よく来たね」

「これは、よ~~く効く、強めの薬だからね」

「明日は病院お休みだから、明後日の朝まで、いじっちゃだめ。明後日の朝、また来てくださいね」

すぐに水道水で冷やしたこと、15分くらい冷やしたこと、

何も塗り薬などつけなかったこと。

すぐに医者に行ったこと。

そんなことを褒められて家に帰ってきた。

夕方やけどして、夜中の3時までひりひりして眠れなかった。

 

二日後の朝。

病院で、看護師さんがガーゼをそろりとはがしてくれた。

「お~~」

看護師さんがうれしそうな声を出した。

お医者さんが、「きれいだ~~」

とこれまた喜んでいる。

「すぐに手当てしたからよかったんですよ」

「あの薬は、効くんです」

「もう、来なくていいです」

あんなにひりひりしたのに、

あんなに赤くなったのに、

二日できれいになっちゃうなんて。

いかに初期手当てが大切か痛感した。

 

以来、コーヒーを淹れる時には、とても慎重になったのでした。

 

おやすみなさい。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング  

 

 

 

ラーメン毛糸

 

先日編んだスヌードを、愛用していたら、もともとゆる編みだったので、

少し伸びてきてしまいました。

 

その中途半端な長さが嫌で、思い切ってほどきました。

 

そして、すぐさま、編みなおし。

針の号数を2段階落として、編みました。

 

私が編んでいるのを見た母は、

「編みなおしをしてるのは、いいと思うよ。

 出来上がったものをほどくって、結構な決心がいるものね。

 でも、ほどしたのをそのまま使うっていうのはねぇ」

とダメだしする。

 

母が言うには、一度編んでほどした毛糸は、軽く洗って縮れを伸ばすのが常識とな。

 

そんなこと、私だって知ってる。

 

でも、面倒だし、さっさと編みたいから、ほどしたまま、編みなおしていたのです。

でも、正直、ラーメンみたいに縮れてる毛糸は編みにくく、目もそろわない。

ΩΩΩΩΩΩΩΩΩこんな感じの毛糸だもん、うまく編めるはずがない。

しかし、意地で、仕上げました。

 

そうして、今度は、去年編んだ腹巻帽子。

こちらは、洗ったら目が詰まって、細くなっちゃった。

だから、こちらも、思い切ってほどきました。

 

母は、それを見て、何か言いたげ。

 

「お母さん、この毛糸伸ばしたいんでしょ」

 

「まあ、そうだけど」

 

「伸ばしてもいいよ」

 

「でも……」と、はっきりしない。

 

「伸ばすの失敗して毛糸が縮んでも、文句言わないから。

 失敗を許す」と言ってあげた。

その時の、母のうれしそうな顔。

 

「ほんと?じゃあ、編みやすいように、毛糸伸ばしをしてあげる」

とさっさと洗面所に行きました。

 

よっぽど、ラーメン毛糸で編むのを見ているのが嫌だったんですね。

 

乾いたら、編み始めましょ。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング