茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

ボランティア行ってきました。

こんにちは。

朝の記事に書きましたが、ボランティアに行ってきました。

緊張しましたが、以前ほどではなかったです。

今日初めて参加した方が、ものすごく緊張したって言っていました。

朝から緊張したあまり、お財布持たずに出て来ちゃったそうです。

 

今日の生徒さんたちも、よく話が聞けて、熱心にとりくむいい生徒さんたちでした。

高校受験が目の前にちらつく時、休み時間も参考書見ている生徒さんたちもいました。

居眠りさんも、おふざけさんもいましたが、授業中は真面目人間でした。

 

帰りにボランティア仲間の皆様と、ランチをすることになりました。

この、あまりおしゃべりしたことのない人たちとのランチ。

最初の頃は、緊張して、何を話せばよいかわからなくて、

ほぼほぼだまって話を聞き、ちょこっと声を出す程度でしたが、

この方たちとのランチにも、少しずつ慣れて来て、

今日は、おいしく食事できました。

 

みなさん、親切できさくで感じのいい方たちなので、

緊張する必要は、まったくないのですが、

それは、よくわかっているのですが、

どういうわけか、私は、こういうのに、慣れるのに時間がかかってしまうのです。

 

勉強会では、発言できるのに、ランチだと、ダメなんですよね~~。

我ながら、訳わかりません。

 

帰ってきて、母と、お茶と和菓子で3時のおやつを楽しみました。

ランチの関係で、朝予定していた洋菓子から和菓子に変更になりました。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング

誕生日おめでとう!‥‥自分で言っちゃう

おはようございます。

私事ですが(って言っても、ブログはいつも、私事ですが)、

今日は、「クレヨンおばさん」生誕の日でございます。

 

1年前、「クレヨンおばさん」として、ここはてなブログに書き始めたのは、

それまで書いていたブログが友人の知るところとなり、

書く自由がなくなったからでした。

 

体調不良が続き、心身と頭の老いも感じ、

身のまわりにもちょっとした出来事が続き、

不安が増し精神的にも不安定になった私。

 

はてなブログに引っ越してここで言いたい放題して心を軽くし、

おじゃまさせていただいているブログを読んでは、

勇気づけられたり、

気付かされたり、

学ばせていただいたり、

楽しませていただいたり。

このブログは、この1年、精神安定剤のような役割もしてくれました。

昨年の今日より、身体は確実に1歳、年を取りましたが、

精神的には、若返ることができたと思います。

知的には成長しませんでしたが、

知的好奇心は刺激されました。

お薬は、5種類減りました。今、1種類です。

気もちを安定させる漢方も飲まなくて大丈夫です。

(まだ、揺れること、あるけど。びくびくって。)

遅れてきた更年期、という先輩の言葉に従って、

あんまり深刻に考えないようにしています。

(後戻りもするけど)

 

さて、誕生日の今日は、ボランティアでおでかけです。

以前行ったときには、緊張したのか貧血になっちゃったので、

今日は気楽に行くことにします。

相手は子供だ、気楽に気楽に。

帰りに、おいしい洋菓子を買ってこようと思います。

 

一年間お世話になりました。

これからもよろしくです <m(__)m>

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング

読書記録 「アット・ホーム」本多孝好著 角川書店★1分おしゃべり

アット・ホーム at Home

本多孝好 著

角川書店

2019年10月31日発行

 

at Home

日曜日のヤドカリ

リバイバル

共犯者たち

の4編が収録されています。

 

どの物語の家族も、ありふれていない家族。

たとえ血のつながりがなくても、

親が出て行ってしまっていても、

そういうところでないところで、つながっている家族。

 

互いを大事に思い、定型の家族関係でなくても家族となっている。

家族、を作るのは、血縁でもなく同居でもなく心のつながり。

 

登場してくる父親は、みなさん、いわゆるダメおやじ。

でも、愛すべきところもある、ダメおやじ。

 

ちょっと癖のあるというか事情のある家族のストーリーを

こんな家族でいいのかな、なんて思いながら読んでいても、

おっと、気が付けば、物語の中の駄目さ加減が人間的に思えて来て、

いつのまにか、共感もしてきちゃって。

こういう家族もありかも、なんて考えてしまいました。

不思議な設定の家族なのに、リアリティがあって。

なんだか、じんわりしみじみしてきた物語でした。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング