茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

読書記録 「片桐酒店の副業」 徳永 圭 著 角川文庫★1分おしゃべり

一度書いた記事、どこかに消えちゃいました。

それこそ、ミステリーだわ。

 

 

 片桐酒店の副業

徳永 圭  著

角川文庫

平成28年5月25日 発行

 

酒屋の2代目の店主は、副業に、「なんでも運ぶ」という配達業をしています。

黒いスーツで、毎日働いている彼の元には、一風変わった届け物の依頼が来ます。

その、頼まれたお届け物が、一筋縄ではいかないモノ。

え~~、そんなもの、運ぶの?

え~~、そんなもの、届けられないでしょ?

なんて思うのですが、

彼は、それを誠実に、依頼者に頼まれたように届けます。

すったもんだして、ユーモラスで、ほろりとさせられて、びっくりして。

さまざまな種類の短編です。

主人公の過去も気になりながら読み進めました。

 

物を届けるということは、気もち・心を届けること。

 

この作者の本は初めて読みましたが、当たりでした。

読んだことのない作者の本は、新刊文庫より、ブックオフでお試し買いをします。

この本も、100均の中から、きれいな本だから、という理由で買ってきたのです。

そうしたら、おもしろかった。

読んでよかったです。

 

プロローグ

第1章 短期バイトの憂鬱

第2章 電車のような宇宙船のような何か

第3章 悪意

第4章 海と傷跡

第5章 朝の訪問者

エピローグ

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング