茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

パジャマを買ったの。

 

 基本、パジャマを着て寝ている。

 

夏の暑い日は、パジャマのズボンに半そでTシャツで寝てしまうことも多い。

風呂上がりのその時、かゆくなりそうな気配を感じたら、裏返しにして。

裏返すのは、嫌なんだけど、かゆかゆ攻撃には抵抗できないので。

で、かゆかゆか、裏返しかの選択は、どっちをとってもプチストレス。

 

この頃は涼しくなってきたので、半そでTシャツは出番がなくなり、普通の長袖パジャマになった。

 

そのパジャマ。

 

そこそこ普通のお値段のパジャマ。

4000円前後。ガーゼ地が好き。

着心地を考えての、脇縫いなし。

オーガニックコットンとか書いてある。

オーガニックコットンと普通のコットンとの着心地の違いは、私にはわかりませんけど。

 

今まで、とても気分よく着ていた。

ショップのレヴューも、素晴らしい評価だし、いいパジャマなんだと思う。

 

でも最近、このパジャマでかゆくなる。

 

なぜだあ。

 

そうよねえ。

破けないから捨て時がわからない。

だから、生地が固めになってきてしまってたのですよね。

けちだからさ、なかなか捨てられないんです。

破けてないものを捨てるなんて‥‥‥。

しかし、そんなこと言ってる場合じゃない。

毎晩、かゆかゆを心配しなきゃいけない面倒なお肌。

トシとったんだから、仕方ない。

これから、乾燥してもっとかゆくなる時期。

 

パジャマを新調することにした。

 

さて、今までのと同じパジャマを買おうか。

 

でも、ちょっと、パジャマ屋さんで、見てみよう。

下着や寝巻の専門店。

 

いろいろな生地のパジャマ。

シルクのもあるし。

でも、シルクは、私の趣味じゃあないな。

好きなのは、ダブルガーゼ。

ダブルガーゼのも、いろいろなデザインがある。

なんとかというブランド物もいくつもある。

おしゃれだ。

でもでも、一番大事なのは、かゆかゆにならない縫い方。

これを、選定基準にする。

デザインがしゃれていて「お値段がお高くても、縫い目は普通」のが多い。

せっかく、お寝間着専門店に来たのにね。普通の縫い目なら、今までのでOKだし。

お肌に優しいのってないのかなあ。

と、店員さんにご相談。

 

そうしたら、

あった、あった。

ありました。

デザインは、なんの変哲もない普通のパジャマ。

それなのに、このお値段の訳は??

そう、かゆくなりにくいパジャマ。

縫い目が表に出ていない。

巻きふせ縫いのパジャマ。

ガーゼ地のは、柄の種類がほんとうに少なかったけれど、柄より着心地。

 

今までのパジャマの2.5倍のお値段。

 

ちょこっと考えたけど、えい、買っちゃおう。

 

だってさあ、これから、寝ている時間のほうが増えるかもしれないし。

トシだから、若い頃より上質の睡眠とらなくちゃいけないし。

というわけで、買った。

自分の分だけ。

 

使ってみました。

お値段だけのことはあるのでした。

着心地よかった。

気のせいかよく眠れた。

サイズもちょうど、あっていたようだし。

ストレスなしだった~~~~。

 

 

年をとったら、こういうところにお金を使うのがいいのかもしれん、と思ったのでした。

汗をかいても、吸い取りはよいし、縫い目がフラットなので、かゆかゆにならないし。

 

今、2枚目を買おうと、財布と相談している。

いいかあ、このくらいの出費は。

夏、旅行に行けなかったもん、その分いつもの夏より出費は少なかったし。

毎日8時間も着ているものだし。

 

あと、一日二日考えようっと。

 

ところで、昔は丈夫だったわたくしのお肌。

どんどんヤワになってくる。

年取ってくるとそうなるの、仕方ないでしょ、

と言う声が聞こえる。

しかし、私は、その声が聞こえないふりをしている。

 

年取ったから、「かゆかゆおばばお肌」になったのではなくて、

「元々のお嬢様の柔肌」に戻ったんだ、って言い張ることにしている。

お嬢様だから、上質の布しか受け付けないのよ~~~、刺激に弱いのよ~~って。

 

へへ、明るい悪あがき。

 

たかが、パジャマを買っただけのことをこんなに長々とおしゃべりしてしまった。

長文の駄文にお付き合いくださったあなた、きっと、今日、いいことありますよ。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング