読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。画像は、素材サイトからお借りしているものですから、持ち帰りはなさらないでくださいね。

「本屋さんのダイアナ」と「赤毛のアン」 ♪雨の物語♪を聞きながら

「 本屋さんのダイアナ」(柚月麻子 著)

 

おもしろかったです。

この著者の「ナイルパーチの女子会」を以前読んで、おもしろかったのですが、

今回読んだ本の方が、もっとおもしろかったです。

赤毛のアン」が好きで、それが頭の中にちらちらとしながら、この本を読んでいたからかもしれない。

途中でやめられず、先日は夜中の2時まで読んでしまいました。

(だから、暑さに負けちゃったのかも。詳しくは、前の記事に)

 

 

 

ダイアナ(大穴)が主人公。

小学校3年生の場面から物語が始まりました。

ダイアナにあこがれて友達になった彩子。

正反対の二人が互いを大事な友として、

2人を中心に、話はすすんでいくわけですが、

ダイアナの母親もよいキャラで楽しいし、

小学校から10余年間の2人の成長も生き生きと描かれていて楽しめたし。

中に出てくる小説も、ああそういう本読んだっけなあ、などと思いもし。

本て、いいなあ、なんて思いもふつふつと。

この本を読み終わったら、すぐに、この本の中に出てきた

「父の詫び状」をまた読み始めてしまいました。

(本棚に残っていたのだから、もともと気にいっていた本です。)

 

同じくこの本に出てきた本で、再読したくなった本は、

大きな森の小さな家

夜中の薔薇

悲しみよこんにちは

 

読んだことがないので読みたくなった本は

森茉莉 私の美の世界 枯葉の寝床

 

「~~したい」、っていう気持ちがわいてくるときは、気もちが元気な証拠です。

 

 

静かな雨が降っているので、伊勢さんの「雨の物語」聞きたくなってCDかけました。

伊勢さん、風。青春の想い出だなあ~~。

♪化粧するきみぃのぉ~~その せなかが とぉてもぉ~~

伊勢さんの声って、いいなあ。

好きだなあ。

 

元気度90%になりました。

 

お風呂にも入れましたし、明日は元気100%かな、

と期待しています。

 

 

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、励みになります。


にほんブログ村

ありがとうございました。