茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。画像は、素材サイトからお借りしているものが多いので、持ち帰りはなさらないでくださいね。

単行本6冊を持ち歩くのは苦行でしかない。うれしいけどさ。

 「ねえ、これ、借りてかない?」

ボランティアサークルの先輩のお言葉。

「今日、電車できちゃってさあ。

 今、〇〇さんから返されたんだけど、持って帰るのつらいんだ」

 

袋を覗くと、おもしろそうなシリーズ。

読みたい、読みたい。

でも、6冊も。

 

「返すのいつでもいい。

 そのまま△△さんに渡しちゃってもいい」

 

期限がないなら、借りて帰ろう。

どうせ、暑いから、そんなに出かけないし、図書館に行くのさえ億劫だし。

 

借りて帰ることにしました。

借りた時は、うきうき。

 

ところが、持っていると、不思議なことにだんだん重くなる。

実際の重さは変わらないのにねえ。

 

夕飯のための買い物もして帰る予定だったんだあ。

間の悪いことに、牛乳と豆乳を買わなくちゃならない。

合わせて、2キロだあ。

 

帰り道、

ビッグショルダーに買い物したものを入れ、

手提げにサークルの道具を入れ、

もう一つの手提げに本6冊を入れ。

そして、日傘を差し。

 

どっこいしょ、よいこらしょ。

ゆらゆら揺れながら、

炎天下の照り返しのきつい道を、

おぼつかない足取りで歩く私。

 

本は、とても好きだけど、重さが半分になればもっとうれしい。

軽い紙の本、できないかなあ。

 

こんな思いをして借りてきた本。

楽しもうっと。

 

今、2冊目に突入です。

これから、母の医者にお付き合いしますが、

本を持って行きます。

べらぼうに待たされるもの。

 

でもさあ、単行本の持ち歩きは、重い。

 

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、励みになります。


にほんブログ村   ありがとうございました。