茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

「毎日を楽しむ捨てない暮らし」松場登美 著 を読みました。

 毎日を楽しむ捨てない暮らし  あるものを生かしきる

松場 登美 著

家の光協会 

2016年10月1日 発行

 

世の中、捨て本がはやっているのに、この本は、捨てない暮らしを提唱していて、

おもしろそうじゃないの、と思って読んでみました。

 

著者は、石見銀山「群言堂」のデザイナー。

古民家を再生して、古くからあるものを上手に生かして生活していらっしゃるようです。

 

古くても、使える物は使い切りましょう。

安易な方法に流されず、ていねいに暮らしましょう。

あるものを生かすと同時に自分も生かし切りましょう。

 

そんな主張でした。

 

好きなものに囲まれて気持ちのよい空間を作る。

そうしていれば、しあわせ。

そんな生活の仕方でした。

かっこいいなあと思いました。

 

豊かさは、高価なもの、新しいもの、便利なものに囲まれるのではなくて、

好きなもの大切に使いたいと思わせてくれるものに囲まるのが、

本当の豊かさなんだなあ。

 

お気に入りの服を身に着けることは健康にもつながるという筆者の考えも、いいなって思いました。

 

特に突飛なことや目新しいことが書いてあるわけでもないけれど、

その穏やかな生活ぶりは、

また自分の生活を振り返るきっかけになりました。

 

 

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、励みになります。


にほんブログ村

ありがとうございました。