茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

読書記録 「カーテンコール!」 加納朋子 著  新潮社

「カーテンコール!」 

加納朋子 著  

新潮社

2017年12月発行

 

今まで、この作者の本は、

ななつのこ

掌の中の小鳥

ガラスの麒麟

ささらさや

てるてるあした

モノレールねこ

等を読んでいます。

本屋さんで見かけると手に取ってしまう作者の一人です。

 

今回読んだ、この本。

明るい表紙。

軽妙な誘い文句の、帯の文章。

気軽な気持ちで読み始めました。

 

 

閉校が決まった女学園が舞台の、

様々な事情を抱えた卒業できなかった女子大生の、

けっして軽くないエピソード。

6編の連作短編集です。

 

4年間で卒業できなかったのは、

ただのお寝坊さんでもなく、単なる怠け者でもなく。

他の人には簡単にわかってはもらえない彼女たちの苦しさ。

文体は、読みやすくて、軽い感じだから、

読んでいても重た~~い気分にならなかったけれど、

帯の文章から想像する物語とは、ずいぶんと印象が違いました。

 

自分のことが好きになれなかったり、

自分を許せなかったり、

心が壊れそうで身体を壊してしまったり。

病を抱えていたり。

多かれ少なかれ、人はこんなところがあるのだと思います。

彼女たちが、若いのも手伝って、良い方向に向かっていけて、救われました。

 

それを読んでいると、

もう年をとってしまった自分だけど、

ダメなところがあっても、

どうにかやっていければいいんじゃないのぉ、って思えて来て。

どうにか、やってきたじゃないの、私、って思えて来て。

 

若い頃の私に会って、

ねえ、あなた、ぐちぐちどよ~~んとしてるなら、この本読みなさいな、

って言ってあげたい。

 

理事長からこの学生たちに向かっての言葉のなかで、こんな言葉がよかったです。

 

・もう駄目だ、耐えられないと思ったとき、自分の足で逃げられる力を、今のうちに育ててください。自分の言葉で、直接「助けて」と言える人を探してください。

・恥なんて、かいてなんぼです。

・私は素晴らしい。が魔法の呪文。

 

20代、30代のときに読んだら、もっともっと心に響いたかも、と思います。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング