茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

燃やすごみの中から、真っ二つの一万円札発見。犯人は、私。

 

さっき、たまって箱からあふれてしまった紙ごみの始末をしました。

 

資源ごみに出す準備。

紙ごみ入れから、たまってしまった紙を出します。

そして、紙ごみを、A4サイズ、B5サイズ、その他、細かいの、と4つに仕分けします。

大きい紙は順調に揃えられました。

最後に、小さめの紙ごみを、集めます。

小さめの紙ごみは、お菓子の箱とか、封筒とか、葉書とか、そんなものたちです。

集めて大きめの紙袋に入れました。

最後に、一応、燃やすごみの中を見ました。

 

なぜなら、母は、分別が苦手で、小さい紙ごみは、紙ごみの箱に入れないで、

燃やすごみのごみ箱に入れてしまうのです。

 

今回も、ありました。

 

小さい紙ごみを見つけながら、

なんとなく、不思議な手ごたえが。

あれ、これは、なんだろう?

燃やすごみの中から見つけた

半分にちぎってくしゃっと丸めた封筒を、

なんの気なしに、広げてみました。

 

びっくり~~~

 

そこには、ちぎれた、一万円札が2枚、入っています。

 

f:id:kureyonnobasann:20180419115946j:plain

あ~~。

やっちゃった。

とても、まずい。

 

これ、昨日、私が、散らかった仏壇の前をいらっとしながら片付けた時に、

びりっと破いた封筒だ。

 

じゃあ、破いた、もう半分の封筒はどこ???

なかったら、大変じゃん。

 

2万円が、1万円になってしまうじゃないの。

それは、嫌だ~~~~。

 

ゴミ箱の中をひっくり返して、発見しました。

 

「まったくもう、母さんは。

なんで、こんなところに、後生大事にダイレクトメールの封筒なんか置くんだろう。

仏壇は、モノを置く場所じゃないんだから。

だから、散らかるのよ。」

と、半ギレで、破いた封筒。

そして、怒りに任せて、燃やすごみのごみ箱に放り込んだのでした。

 

あれじゃん。

封筒を破いて、ゴミ箱に捨てたの、私じゃん。

破いたのも、燃やすごみのごみ箱に入れたのも、私じゃん。

明日の、燃やすごみ出しの前に、救出できて、ラッキーだった。

すんでのところで、2万、燃やしてしまうところだった。

 

私が悪いんです。

 

でも、そんな封筒に、お金入れてぽんと置いておく母も、ちょっと悪くない?

悪いよね。

 

しかし、母さん、まだ気が付いていないんだ。

消えた2万円入りの封筒のこと。

 

大丈夫か、わが家。

 

 

時間を見つけて、銀行に行って、お札、取り換えて貰わなくちゃ。

面倒。

 

反省。

封筒をちぎるときには、中身を確かめましょう。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング