茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

読書記録 「極上の孤独」 下重暁子 著  幻冬舎新書

本と、全く関係ない写真ですが、

我が街1万歩散歩の途中で見た、気持ちの良いもみじ。

f:id:kureyonnobasann:20180423223914j:plain

 

「極上の孤独」 

下重暁子 著  

幻冬舎新書

2018年3月発行

 

一万歩散歩の途中で寄る、本屋さんで、

「今一番売れている新書」として、面陳されていました。

思わず、買ってきて、昨晩、一気に読んでしまいました。

得意の夜更かしをして。

 

そうそう、こういうことを私は言いたかったの。

自分の思い、考えを、言葉で表現できない私。

以前、このブログに書いた孤独についてのこと、

私の思っていることを、

こんなにもわかりやすく、代弁してくださっている本。

よかったあ、読んでよかったあ。

ほんとうに、そう思ったのでした。

この本を読んで、

改めて、自分の心の中が整理できました。

 

この本の後ろの方に、良寛さまが出てきて、思わず、微笑んでしまいました。

小学校のころ、長患いの床の中で読んだ本の中に良寛様の本があって、

その本は、なぜだか心に残っていて。

そうかあ、知らないうちに、小学生の頃に読んだ良寛様の本、良寛様の生き方に、

もしかしたら影響を受けていたのかもしれないなあなんて、思ってしまいました。

 

もちろん、下重さんのように、これほどかっこよくは生きられませんが、

私も、こんな生き方が、したいんだなあって、改めて思った夜でした。

 

いい本だなあと思いました。

売れている本がいい本とは限らないけれど、この本は、私にとって、いい本です。

 

作者は言います。

孤独は悪だというのは、おかしくないか。孤独でいるのは、周りに自分を合わせるくらいなら、一人でいるほうが何倍も楽しく充実しているからで、成熟した人間だけが到達できる境地でもある。

孤独上手は中年から本領を発揮する

 

 さて、とってもとっても、生意気ですが、

私の昔の記事も読んでみてくれたら嬉しいです。

けっこう、似てるんですよ、この本に書かれていることと。 

tyanomadeosyaberi.hatenadiary.jp

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング