茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

同じ境遇だと、気楽に話ができてありがたいです。

 

昔の職場で知り合った友人とランチをした。

1時から5時までしゃべっていた。

4人とも、年齢も家庭環境も家族構成も、ほぼ似ている。

付き合いも、30年以上。

互いの踏み込まれたくない境界線が、阿吽の呼吸で伝わっているし、

それぞれが、強引に踏み込むタイプでもなく、

でも、なんとなく互いのことを気にしていて、

たまあに会ってこうしておしゃべりをする。

そんな仲間。

 

おしゃべりは楽しく、

気分も軽くなる。

鬱鬱としている気分も、そのときは、忘れられる。

友人とはありがたいものだ。

ほぼ同年代なので、

身体の事、

老親の事、

生活していくのに必要なお金の事、

思い出話。

そんなことを、適度にしゃべって、ソフトドリンクで酔っぱらって。

 

昨日は、そんな貴重な時間が過ごせて、

私の気分は、少し、救われた。

無理して出かけてよかった。

 

ブログに乗せた、家守の写真を見せた。

「かわいいねえ」

「そういえば、うちの家守、しばらくみないなあ」

「この足の裏が好きなんだよね」

「家守も珍しいけど、わざわざそれを写真に撮るあなたも、珍しい人だよ」

「家守もいいけど、トカゲもきれいだよね」

カナヘビは、色が残念だよね」

なんて、一枚の写真からたくさんのおしゃべりが出てきました。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング