茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

これで、私の家庭内冤罪は晴れた。

 

母を耳鼻科に連れて行った時の事。

 

いつも、通院セットの巾着袋を私が持っていくことになっている。

その巾着袋には、

ほぼ日手帳カバーに入れた、病院メモノートと、お薬手帳が入っている。

そのほかに、ほぼ日手帳カバーには、診察券の束も入っている。

予約票も入っている。

 

保険証は、母の財布に入っている。

いつも持って歩くので、そうしている。

 

病院メモノートは、文庫本サイスのノート。

これに、お医者さんでのやりとりや、お薬変更のこととか、体調のこととか、

何でもメモしてある。

私は、いつも、診察室でもこのノートにメモを取っている。

入院中の点滴の薬品名と時間まで書いてある。

叔父がみて、

「なんだ、カルテみたいにいっぱい書いてあるじゃない。

 これは、姉さんの体の事、これ見ればわかるようになってる。

 まめだねえ、クレヨンは。」

と、半ば呆れた風に褒めてくれたシロモノ。

 

さて、病院の支払いが終わり、

薬局に行き、

お薬手帳を出そうとしたら、ない。

 

そうだった、先日病院から帰った時に、お薬手帳を巾着に入れ忘れたから、

後から母に渡して、

「病院セットに入れておいてね」

って頼んだのだった。

母め、やりおったなあ~~。

入れてないじゃんか。

 

家に戻って、母に、お薬手帳のありかを尋ねた。

知らない、という。

私が、前回の通院のあとに、後からお薬手帳を渡したことも覚えがないという。

怪訝な顔をしているだけ。

だから、探すように言った。

お薬関係のものを入れている棚の中や、

いくつかのショルダーの中を探したらしい。

でも、出てこない。

母は、完全に、私を疑っているようだった。

渡されてない、って目が言っている。

「もう一度、探してみて、それから疑って」

と言って、探してもらった。

 

小一時間たって、母の部屋に行く。

 

見つからないらしい。

 

なんだって~~。

お薬手帳、ないと困るでしょ。

お医者さんあちこちかかっているんだから。

お薬手帳見せて、って言ってくれるお医者さん、少ないけど。

薬局で、飲み合わせが悪いのを見つけて、医師に聞いてくれたことはあるから、

やっぱりお薬手帳、ないと困る。

 

「悪いけどさあ、私も、その棚の中、見つけていいかな」

そう断って、扉を開ける。

 

あるじゃん。

ちょこんと、隅っこに立ててあった。

 

そうかあ、そういうことね。

「小さい手帳だから、

 ノートの背の部分だけしか見えていなかったから、

 わからなかったんだねえ。」

と、言う私に、母は決まりなさげな顔。

 

めでたく、私の、冤罪は、晴れた。

私を疑ってた母は、しょぼくれていた。

でも、私への疑いを口に出していないので、

母は、私を疑ったことを謝りはしなかった。

意地っ張りめ。

 

冤罪は晴れたが、詫びは、ない。

理不尽だが、仕方ないことなのか。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング