茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

福音館古典童話シリーズ 全25冊。  読破が目標です。

福音館古典童話シリーズ 全25巻

1971年初版発行、私は、1987年発行のものを持っている。

 

さいころから病弱で、1年近く臥せっていたときに、本好きになった。

 

当時は、そんなに本を買ってもらえなかった。

そりゃそうだ、病人抱えてうちの親は、大変だったの。

だから、同じ本を何回も読んだりしていた。

 

ニルスの不思議な旅、がいちばんのお気に入りだった。

 

父も本が好きな人なので、私が小学校高学年になったころには、文学全集を買ってくれた。

日本の文学なので、しぶいチョイス。

小学生には難しいのもあったよね。

でも、まあ、そこそこ楽しめた。

 

中学高校と小遣いで、文庫本を買えるようになると、自分で選んだ本を片っ端から読んでいたけれど、私の読書人生の中で、外国の童話、というジャンルの本に接する機会があまりなかった。

 

小学生の時に、あしながおじさん。三銃士。ああ無常。小公女。小公子などを読んだけれど、後で考えると、子供用の翻訳で、全訳?完訳?ではなかったようで。

 

おとなになってしまってから、

いつか、こういうお話を全訳で、ちゃんと読みたい。

そう思って30代半ばで、このシリーズ本を買ったのだった。

でも、仕事が忙しいのと、新刊本を読むので忙しいので、このシリーズは、買ったまま。

きれいな状態で、本棚の奥の陽の当たらない場所にひそかにしまったまま。

ほこりもつかず、陽に焼けず傷みがなくて、ほぼ新本、びっくりするほどきれいなの。

 

退職したら、時間があるから、じっくり読もう。

なんて思っていたのに、退職してから、5年以上過ぎちゃった。

 

この度、ついに、ついに、これらの本を読み始めようと思ったわけです。

本屋さんにも図書館にも、ふらふら行けないので、読むチャンスだと気が付いて。

 

約35年前の、25冊の本。

やっと日の目を見るなあと、本たちも思っていることでしょう。

 

飽きっぽいので、ここに宣言したら25冊読めるかなあと、思いまして、書きました。

 

最初の本は、「ふしぎの国のアリス」。生野幸吉訳です。

 

★ ★ ★ ★ ★ ★

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。
にほんブログ村

⇒  60代ブログランキング

※いただいたブックマークコメントへの返信は、コメント欄に書き込んでいます。