茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

これぞ、昭和。ーーー昭和42年3月25日卒業。ですって。

じゃ~~~ん。

 

この画像は、先日の母の部屋大大大掃除で発掘されたものの一つです。

f:id:kureyonnobasann:20210731134147j:plain

 

昭和生まれの同年代の方、

懐かしんでください。

高橋真琴先生の絵ですよ。

 

母の押し入れから出てきた箱の中にありました。

私の小学校の卒業時のカードでした。

クラスの人に、一言ずつ書いてもらっていました。

何にも覚えておりませんでした。

このカードの存在、書いてもらったこと、なんにも覚えていません。

そりゃそうよねえ、50年以上前のことですもん。

担任の先生も一言書いてくださっているのに、ちょっとしんみり。

 

12歳のクラスの人が書いてくれた一言は、

 ・いつまでもしあわせに

 ・いつまでもなかよくお元気で

 ・まあ、いろいろあらあな

 ・なかよくはげましあおう

 ・いつでも明るく楽しく 

 ・苦しくてもあかるく

 ・りっぱな行動をしよう

 ・いつまでも思い出を

 ・いつまでも友だちで

 ・いつまでも元気でね

 ・なんでもいいよ~~ん

 ・いつまでもわすれないでね

         等々

このクラスで4年間一緒でした。

中学へも、ひとりお引越ししただけであとは丸ごと一緒に同じ中学へ。

残念ながら、このクラスの人たちとのおつきあいは、今はもうありません。

でも、このひとこと寄せ書きを見たら、全員、思い出せました。

みんなどうしているかなあ。

町ですれ違ってもわからないよね。

 

一緒に出てきたものは、小学校の卒業証書と通知表でした。

いただいた賞状も入っていました。

大切に?とっておいてくれたんでしょう。

(単に忘れていただけだとも思うが)

親とは、ありがたいものです。

  

★ ★ ★ ★ ★ ★

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。
にほんブログ村

⇒  60代ブログランキング

 ※いただいたブックマークコメントへの返信は、コメント欄に書き込んでいます。

 

夢見る少女たち  真琴の美学

 かわいいっ。懐かしいっ。

夢見る少女時代が、私にもあったことにびっくりだ。