茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

最近、誰かに似ている人が増えたような気がしてきた。

 

道を歩いていて思うこと。

 

あら、あの人、〇〇さんに似ている。

老けたなあ。

本人かなあ、微妙~~~。

 

と考えている間に、すれ違ってしまう。

 

あれ、あの人、△△さんじゃないかしら。

挨拶しようかな。

久しぶりだし、

忘れられてるかも。

視線を送っても、向こうは無視しているものね。

 

そんなことが、増えてきた。

 

頻繁に知人に似た人を見かけるようになったのだ。

 

 

巷に、私の知っている人が、増えてきたのはなぜ。

 

単に私がよく出歩くようになったからか。

眼鏡を新しくして、よく見えるようになったからか。

記憶力がアップしたからか。

年取って、昔のことの方が鮮明に思い浮かべられるとかいうから、

古い知人の顔を思い出すのか。

 

今日も、暇だから、つらつらと考えてみる。

 

★★★なぜ、「誰かに似た人」が増えているのか。★★★

 

私、わかっちゃったんです。

 

 

「誰かに似た人」が増えた訳はね、

 

 

私が、「誰か」本人を、しっかり覚えていないからだってことに。

 

 

そうなんです、「本物の誰か」の顔がうろ覚えになってしまっているので、

 

その結果、「誰かに似た人」が増えちゃってるの。

 

ひどい話だよね。

 

だんだん、他人の名前だけじゃなく顔も思い出せなくなってくるなんて。

 

あと、人は、年取ると、なんだか顔つきが同じようになってくるじゃん。

(これは、言い訳)

 

分かってみれば、

おのれの老いに気づかされただけであった。

 

 

あいまいな記憶の人に、微妙に似ている人。

そりゃ、多いに決まってるわね。

 

うっかり、

挨拶なんかしたら、変な顔されちゃうね。

 

気分よさげに、

にこにこ笑顔を向けちゃったら、気味悪がられるね。

 

視線送ったりしたら、ナンパか?(ナ訳、ないか)

がん飛ばしか?(目つき悪いって言われたことある)

なんてことになるのかな。

 

どちらにせよ、

巷に出没する「誰かに似た人」は、

知人ではない可能性が高いので、

挨拶も笑顔も視線も、

ダメダメダメ!!!

 

 

でも、10人に一人くらいは、ホントの知人だといいな。

 

去年は、2人、ン年ぶりに会った知人と、ン十年ぶりに会った知人、

どちらも本物だったし。

 

見知らぬ人でも、

ツンとした顔つきで見られるより、

柔らかな視線を送られる方が、

うれしいよね。

 

今日もおいでいただき、ありがとうございます

よろしかったら、応援の1クリックお願いします。→60歳代ブログランキング