茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

・本の話

本好きな人なら、おなじみの物語  読書記録「書店ガール」 碧野圭 著

書店ガール 6 遅れて来た客 碧野 圭 著 PHP文芸文庫 2017年7月21日 発行 シリーズ6冊目。 書店員さんが主人公の、お仕事小説。 出版界の事、書店の内情など、本が好きなのでとても興味深く読み続けているシリーズです。 またもや一気読みでした…

ほっこり気分になりたい方へ  読書記録「菜の花食堂のささやかな事件簿・きゅうりには絶好の日」碧野圭 著★1分おしゃべり

以前読んだこちらの本の、続編です。tyanomadeosyaberi.hatenadiary.jp 菜の花食堂のささやかな事件簿 きゅうりには絶好の日 碧野 圭 著 大和書房 2017年2月15日 前作が面白かったので、続編も読みました。 気楽に読める日常のささやかな謎解き。 お…

読書記録「本を守ろうとする猫の話」夏川草介 著

本を守ろうとする猫の話 夏川草介 著 小学館 2017年2月5日発行 神様のカルテの作者です。 主人公は、夏木林太郎。祖父と二人暮らしだったが、祖父が亡くなり 祖父の経営していた古書店に一人残された。 そこに、不思議な猫が現れて‥‥‥ 本について、読…

読書記録「自律神経を整える「あきらめる」健康法」 小林弘幸 著

自律神経を整える「あきらめる」健康法 小林 弘幸 著 角川oneテーマ21 株式会社 KADOKAWA 2013年8月28日 発行 ずっと気になっている自律神経。 この新書で、勉強しようと思って、お勉強ノートを開いて、 ペンを持って、読みました。 この生真面目さ…

あららちょっと残念★1分おしゃべり

図書館に、予約していた本が用意できたとのこと。 さっそく行って借りてきた。 佐藤愛子さんの新刊本。 「破れかぶれの幸福」 2017年7月14日発行 株式会社青志社 読み始めたけれど、 なんだか違和感。 あれれ~~~。 佐藤さんが若すぎるっ!!! 奥…

絶対に途中でやめられないので、休日に読もう 読書記録「空飛ぶタイヤ」池井戸潤 著

空飛ぶタイヤ(上)(下) 池井戸潤 著 講談社文庫 この本は、もうおなじみ。 大ヒットしていますものね。 今ごろ読んだの~~って言われそうです。 10年くらい前の作品ですからね、読んだ人は多いでしょう。 はい、私、今頃読みました。 上下二巻というの…

読書記録「えんがわ尽くし」和田はつ子 著★1分おしゃべり

えんがわ尽くし 料理人季蔵捕物控 和田はつ子 ハルキ文庫 角川春樹事務所 知人に貸していただきました。 あまり時代物は読まない私ですが、 これならそんなに抵抗なく読めるよって、貸してくださいました。 すいすいすらすら読めました。 江戸言葉にも抵抗が…

読書記録「まひるまの星」吉永南央 著★1分おしゃべり

まひるまの星 吉永 南央 著 文藝春秋 2017年1月15日 発行 この本は、 「紅雲町珈琲屋こよみ」シリーズの5作目です。 主人公は、コーヒー豆と和食器の「小蔵屋」を経営する「お草さん」 しゃきっとしてて、凛としてて、思いやりがあって、賢くて 可愛…

片づけの必要性がわかる本。読書記録 「住まいの老い支度」阿部絢子 著

おはようございます。 一応、6時に起きました。 昨夜洗った洗濯物も、外に出してきましたよ。 ゴミ出しもオシマイ。 昨夜は、布団に入っても、なかなか寝付けませんでしたが。 徐々に、10時就寝の癖をつけたいと思います。 さて、本題。 住まいの老い支度…

読書記録「つぶやき岩の秘密」新田次郎 著★1分おしゃべり

つぶやき岩の秘密 新田次郎 新潮文庫 氷壁、八甲田山市の彷徨、聖職の碑、などを若いころ読みました。 とても感動したのを覚えています。 武田信玄、勧められて読みました。 だから、新田次郎さんは、山岳小説・歴史小説を書く方だと思い込んでいました。 今…

読書記録 「老いの片づけ力」 阿部絢子 著‥‥‥母の片づけ力は20点、私は60点だな。

老いの片づけ力 副題 わが家をゴミ屋敷にしないために 阿部絢子 著 大和書房 2015年1月30日 発行 図書館から借りて読みました。 阿部さんの本は、結構読みました。 影響も受けました。 この本を読んだのは、 母の部屋が、プチゴミ屋敷化しそうだから…

読書記録 「朝に効くスープ 夜に効くスープ」浜内千波・著で、母が救われました★1分おしゃべり 追記も

朝に効くスープ 夜に効くスープ 浜内千波 著 日本文芸社 2011年5月31日発行 料理のできない私。 ここ数日の母の食欲不振に戸惑っている。 スープなら胃に負担なく栄養が摂れるのではないかと考えて、 図書館にスープの本を探しに行きました。 これを…

読書記録・隠蔽捜査6 去就 今野 敏著  を読みました。★1分おしゃべり

昨日は、涼しくて、一日ぐうたら読書をするのに、最適でした。 掃き出し窓からの風が、とても気持ちよかったです。 秋の風、みたいでした。 必要最低限の家事を終えたら、 日がな一日、読書の日でした。 久しぶり。 贅沢な日でしたね。 さて、本題。 私は感…

「毎日を楽しむ捨てない暮らし」松場登美 著 を読みました。

毎日を楽しむ捨てない暮らし あるものを生かしきる 松場 登美 著 家の光協会 2016年10月1日 発行 世の中、捨て本がはやっているのに、この本は、捨てない暮らしを提唱していて、 おもしろそうじゃないの、と思って読んでみました。 著者は、石見銀山…

読書記録・みかづき 森絵都 著★1分おしゃべり

みかづき 森絵都 著 集英社 2016年発行 森さんの本を久しぶりに読みました。 大島吾郎 小学校の用務員を経て、学習塾の教師・経営者になる。 大長編です。読み応え十分。 吾郎がどんな気もちで教育に携わっていくか、じっくりと読みました。 吾郎、娘、…

読書記録・菜の花食堂のささやかな事件簿 碧野圭 著★1分おしゃべり

菜の花食堂のささやかな事件簿 碧野 圭 著 だいわ文庫 この作者の「書店ガール」を以前読んで、おもしろかったので、この本を手に取りました。 日常の中の、小さな謎解き。 温かいお話でした。 おいしいお料理が出てきて、そこを読んでいても、ほんわかしま…

読書記録・アンマーとぼくら 有川浩 著★1分おしゃべり

アンマーとぼくら 有川 浩 著 講談社 2016.8発行 読みました。 アンマーというのは、沖縄の言葉で、お母さんという意味だそうです。 お母さんと、おかあさん。 リョウの二人の母。 リョウとおかあさんとの不思議なあったかい三日間。 とても素敵なおか…

読書記録・「コーヒーが冷めないうちに」「この嘘がばれないうちに」川口俊和著

腰痛読書の続きです。( ´艸`) 「コーヒーが冷めないうちに」「この嘘がばれないうちに」 川口俊和著 サンマーク出版 「コーヒーが冷めないうちに」 1年くらい前だったっけ?、話題になったの。 そのころから気になっていたのだけど、ご縁がなくて。 先日、…

読書記録・今野敏さんの「自覚」隠蔽捜査5.5(新潮社刊)★1分おしゃべり

腰痛読書( ´艸`) 先日一気に6冊読んだ「隠蔽捜査」シリーズの7冊目の短編集。 7冊目だけど、「隠蔽捜査5.5」。 とっても面白かった。 期待を裏切らなかった。 融通が利かない堅物の、とってもかっこいい竜崎伸也。 いいなあ。 こんな上司なら、いいな…

読書記録・今野敏さんの「隠蔽捜査」★1分おしゃべり

知人がまとめて6冊、貸してくれました。 おもしろかったです。 一気に読みました。 シリーズものなので、つぎつぎと読んでしまいました。 主人公とその友人が、とても魅力的。 読書しながら、テレビ画面を見ているような気にもなりました。 場面の描写が分…

言ってることとやってることが違うヤツは、嫌いだ‥‥と言いつつ買ってしまった本は「虹色のチョーク」

通販は、便利です。 通販に罪はありません。 大変お世話になっています。 私は、通販の悪口を言おうとしているのではありません。 そこのところ、確認ね。 本が好き。 たくさん読みたい。 図書館を利用する。 でも、図書館は、まるで無料貸本屋。 本を買わな…

読書記録「あしたの君へ」柚月裕子

あしたの君へ 柚月裕子 著 文藝春秋社 家庭調査官の補佐、かんぽちゃんこと、望月大地が主人公。 家裁に来る相談者たちのさまざまな相談の裏にある、真実。 表面だけでは人は理解できない。 表に出そうとしない、出せない真実を見つけて、相談者たちの未来へ…

◆文庫本のカバーと、父の想い出

小学生の頃のことです。 新学期になると新しい教科書が来ます。 家に持ち帰ると、父がカバーを付けてくれました。 カレンダーの裏の白い面を表にして、教科書のカバーにしてくれました。 そして、筆で、教科名と私の名前を書いてくれました。 私が小学生のこ…

はじめて、「暮らしの手帖」を買ってみました☆1分おしゃべり

今まで、こういう類の雑誌は、買ったことがなかった。 もちろん、存在は知っていた。 図書館で、ぱらぱらと読んだこともある。 先日、本屋散歩をしていて、ふと、 「あ、この雑誌買ってみよう」 と思ったのだ。 私は、この雑誌に対しては、 地味で、真面目で…

本屋さんが好きな私に、できるかな、このケチケチ作戦

本屋さんが好きです。 本屋さんでの待ち合わせなら、相手がどんなに遅れても許してしまうでしょう。 ふらふらと、書棚を見て回るのが好き 好みの作家さんの本を、チラ読みするのも好き。 新刊コーナーや、書評に乗っていた本のコーナーなども楽しいし。 本の…

読み始めた本は、必ず最後まで読みますか。

本が好きです。 小学生のころ、病気がちでしたので、布団読書がスタートでした。 病院に検査で月1で通う帰りに、本を買ってもらえるのがうれしかったです。 父が本好きだったので、生活が苦しかったのに文学全集もそろえてくれました。 そして、「本は、最…

「本屋さんのダイアナ」と「赤毛のアン」 ♪雨の物語♪を聞きながら

「 本屋さんのダイアナ」(柚月麻子 著) おもしろかったです。 この著者の「ナイルパーチの女子会」を以前読んで、おもしろかったのですが、 今回読んだ本の方が、もっとおもしろかったです。 「赤毛のアン」が好きで、それが頭の中にちらちらとしながら、…

2歳児の絵本選び   追記も

子供の日のプレゼントに、絵本を買いにいった。 本屋さんに、ずら~~~っと並んだ絵本。 いいなあ、最近の絵本。 色がきれい。 紙の質もよい。 製本も丈夫。 私が好きな絵本は、「はらぺこあおむし」とか「にじいろのさかな」とか。 ああいう色遣いが好き。…

◆昭和ヒトケタの母と、アラカン娘の関係

こんにちは。 今、昼休みです。 一日中、休みですが、気分は、昼休み。 昨日に続き、母のことを考えてみました。 基本、昼間は、母と二人です。 脳味噌が足りないので、本から学んだことを書きたいと思います。 私が気に入っている本の一つに、「萩を揺らす…

誰かが足りない  宮下 奈都 著

宮下 奈都さんの、「誰かが足りない」 最近、宮下さんの本を続けて読んでいる。 この前読んだ、スコーレ№4より、私はこちらが好みにあっている。 6つの短編が入っている。 大雑把に言えば、 様々な事情を抱えている人たちが、 少しづつ明るい方を見て、 一…