茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

・本の話

読書記録 「砂の家」堂場瞬一 著

「砂の家」 堂場 瞬一著 角川書店 2018年4月27日発行 ついつい手に取ってしまう堂場瞬一さんの本。 おもしろいんだもん。 この小説は、待合室読書には、向きません。 こたつに入って読みました。 帯には、 「殺人者の父を、俺は許せるか。警察小説の…

読書記録 「One World みんなが誰かを幸せにしているこの世界」「ねじまき片想い」

「ねじまき片想い」 柚木 麻子著 創元推理文庫 2018年6月29日発行 「One World」 喜多川 泰 著 サンマーク出版 2014年10月20日発行 前回のブログに書いた状態が続いていて、 母の通院付き添い、検査付き添いで、病院待合室にいる時間が多く…

読書記録 「菜の花食堂のささやかな事件簿」「三千円の使いかた」

「菜の花食堂のささやかな事件簿」 碧野 圭著 だいわ文庫 2018年6月15日発行 「三千円の使いかた」 原田 ひ香 著 中央公論新社 2018年4月25日発行 母の通院付き添い、検査付き添いで、病院待合室にいる時間が多かったこの一週間。 当然のごと…

胃カメラと靴下と穂村さんの本

毎年恒例の健康診断に行ってきました。 市の補助があるのがありがたいです。 前の晩から、緊張が高まって、4時間しか寝ないで朝を迎えました。 この時点で、もう、駄目でしょう。 検便を採るのを忘れていて、立派なものが出たときに流してしまったりもしま…

「、」これが漢字って、びっくりですっ!!!

昨日、知り合いからお借りした本を読んでいて、こんな漢字が出てきました。 、(句点)とそっくりだけど、すみっこじゃなくて、 マスのど真ん中に「、」が書いてあるのです。 ふりがなが、ふってありました。 「チュ」と読むそうです。 長い間、読書を楽しみ…

読書記録 「浅草あやかし絵解き」瑞山いつき 著

「浅草あやかし絵解き」 瑞山いつき 著 宝島社 病院に行きます。 バスに乗って。 駅前までは歩いて行きました。 駅に行く途中で、気が付きました。 わあ、本を忘れた。 どうしましょ。 検査をしてから診察があるから、待ち時間が、たっぷりあるのに。 本を持…

読書記録 「GEN 『 源氏物語』秘録」井沢元彦 著

「GEN 『 源氏物語』秘録」 井沢元彦 著 角川文庫 古い本です。 亡くなった父の小引き出しの中にあった本です。 最期のころ、これを読んでいたのかなあ。 なんて思いながら、読みました。 シミが浮いている文庫本。 私の読書好きは父譲りです。 母は、本を読…

読書記録 「サーカスの夜に」「二度泣いた少女」  

「サーカスの夜に」 小川 糸 著 新潮文庫 「二度泣いた少女 警視庁犯罪被害者支援課3」 堂場 瞬一 著 講談社文庫 先日ここに書いたように、腰痛。 あれからどんどん痛くなり、こうして座っているのも嫌。 月曜はやっと内科の医者に行き、そのあとダウン。 …

読書記録 「盤上の向日葵」 柚月 裕子著  

「盤上の向日葵」 柚月 裕子著 中央公論社 私は、将棋がまったくわかりません。 だから、将棋の場面が出てくると、そこは流し読みになってしまいました。 ストーリーは、おもしろかったです。 でも、帯に書いてあるような、「慟哭のミステリー」っていう風に…

読書記録 「書店ガール 7」 碧野 圭著  

書店ガール 碧野 圭 著 PHP文芸文庫 今日は、二日間の「一人助さん格さん」をしたせいで、 ばっちり疲れが出て、 ぐうたらの午前中でした。 ぐうたらしながら、昨晩からの本を読了。 書店ガールの最終巻です。 一巻目からずっと読んでいるので、作中人物…

読書記録 「コンビニ人間」 村田沙耶香著  

美容院に行った。 行く途中で気が付いた。 あら、今日は、文庫を持って出るのを忘れてる。 文庫がないと、美容室での時間が持ちこたえられない。 おしゃべりも楽しいが、2時間半のおしゃべりは、無理。 途中に本屋さんがないので、回り道して本屋さんに寄っ…

読書記録 「広辞苑をつくるひと」 三浦しをん著  

今日も通院付き添いでした。 だんだん体力がなくなってくる母。 気力が衰えてきたような気がする。 見ていると心がざわざわする。 さて、読書。 今回の本は薄かったので、待ち時間にほとんど読み終わった。 「広辞苑をつくるひと」三浦しをん 著 広辞苑の予…

読書記録 「仏果を得ず」 三浦しをん著  双葉社 &雑談

今日も暑い。 外に出たくない。 整形にリハビリに行かなくちゃいけないけど、往復でばてそうで、 それじゃプラマイゼロだなと、今日も整形に行くのをさぼろうと思っている。 湿布を4枚貼り付けて、腰の痛みを騙しながらの生活。 いつまで痛いのかなあ、ぎっ…

読書記録 「発達障害のピアニストからの手紙」 野田あすか 著  アスコム

暑い。 涼しいうちに、のびすぎたもみじを伐ろうと庭に出たが、 暑い。 慌てて日焼け止めを塗ってから、出直し。 それでも暑い。 麦わら帽子の出番。 九時台で、もう、こんなに暑い。 適当に伐っておしまいにした。 もみじの枝がぴょんぴょん伸びたってさ、…

読書記録 「オンナの奥義」 阿川佐和子 大石静 著  文藝春秋

「オンナの奥義」 阿川佐和子 大石静 著 文藝春秋 2018年1月発行 おお、同年代の女性の対談集かぁ、と思って手に取りました。 女性ふたりの軽妙なおしゃべり集でした。 喫茶店で、とりとめのない気楽なおしゃべりを聞いている感覚でさらっと読みました…

読書記録 「架空の犬と嘘をつく猫」 寺地はるな 著  中央公論新社

「架空の犬と嘘をつく猫」 寺地はるな 著 中央公論新社 2017年12月発行 寺地はるなさん、知りませんでした。 題名と、帯の惹句に惹かれて読み始めました。 羽猫家の6人の、変わった嘘。 それぞれの優しさからの嘘。 そういう嘘もあるのかと思うような…

読書記録 「火花散る」 あさのあつこ 著  PHP

おいち不思議がたり 火花散る あさのあつこ 著 PHP研究所 2018年6月発行 おいち不思議がたりの4冊目です。 私は、この作者の文章が好きです。 読むリズムが合うのかなあ。 ときどききれいだなあ、この表現、というところもあるのが好き。 このシリー…

ぎっくり腰のおかげで、読書三昧の日々でした。

こんにちは、ご無沙汰しております。 皆様はお元気でしょうか。 私は、腰は痛いものの、こうして、パソコンの前に座って作業ができるようになりました。 どんな一週間だったのかな~~~? 土曜日夜。 なにやら腰が重だるいなあと感じながら就寝。 たくさん…

読書記録 「90歳。何がめでたい」 佐藤愛子 著  小学館

「90歳。何がめでたい」 佐藤愛子 著 小学館 2016年8月発行 かなり売れていたのにね、今頃読みました。 佐藤愛子さんの本は、何年ぶりに読んだのかな。 以前、いつ読んだか思い出せないくらいです。 相変わらずの、愛子節が、気持ちよい。 こんな90…

読書記録 「映画化決定」 友井羊 著  朝日新聞出版

「映画化決定」 友井羊 著 朝日新聞出版 2018年1月発行 「辛いのは大事なものがある証拠だよ。 だけど生きていれば失う時がくる。 そんなときのために悲しい物語は必要なんだよ。 大切なことを忘れないために。 そして悲しみを受け入れて、乗り越えるた…

読書記録 「棲月 隠蔽捜査7」 今野 敏 著  新潮社

「棲月 隠蔽捜査7」 今野 敏 著 新潮社 2018年1月発行 おなじみ、今野敏さんの、隠蔽捜査シリーズ7。 今回も、面白くて一気読みでした。 昨晩から読んで、今日も暇さえあれば、本を読んでいました。 竜崎伸也、かっこいいなあ。 大森署の署長の竜崎伸…

今時の中学の教科書ってすごいんだぁ!!

教養がない。 ずっと前から、そう思っていた。 常識もないし、根性もないし、優しさもないし、強さもないし‥‥‥ ないないづくしだが、 今回は、自分は教養がないって話。 ないままあちらの世界に引っ越すのも嫌なので、 60の手習いならぬ、60からのお勉強…

メルカリカウル、一か月の売り上げ報告

メルカリカウルを始めてから、約一か月経ちました。 その間、売れた本は、30冊です。 手数料や送料を引いた収入は、9000円くらいです。 (確定していないのもあるので、だいたい、このくらいです。) 100冊くらい出品して、30冊売れました。 もう…

本を読んでいて、久しぶりに声を出して笑っちゃった。「夫のカノジョ」

夫のカノジョ 垣谷 美雨 著 双葉文庫 人に勧められて読んだ本。 勧めてくれた人に感謝。 勧められたときは、 題名からして、 なんじゃそのふざけた本は。 って思っていたのに、 読んでみたら、 とっても面白かった。 途中、何度か声を出して笑ってしまった。…

この連休の教科書は、今さら感もあるけど、「服を買うなら、捨てなさい」

ここで読んだ本は、「服を買うなら、捨てなさい」 ずいぶん前にはやりましたね。 私は、今回、初めて読みました。 自ら、この本に影響されよう、感化されよう、洗脳されよう、という意識を持って読みました。 そして、気分が盛り上がったところで、 やおら、…

読書記録 「極上の孤独」 下重暁子 著  幻冬舎新書

本と、全く関係ない写真ですが、 我が街1万歩散歩の途中で見た、気持ちの良いもみじ。 「極上の孤独」 下重暁子 著 幻冬舎新書 2018年3月発行 一万歩散歩の途中で寄る、本屋さんで、 「今一番売れている新書」として、面陳されていました。 思わず、買…

Tシャツ、曇り空の洗濯、メルカリカウルの罠。

おはようございます。 私の住んでいるところは、昨日、暑かったです。 今年初の、半袖Tシャツを着ました。 コートの陰干し風通しをし、 母の冬物洗濯のお手伝いをし、 暑さに慣れるよう、またもや昼日中に散歩に行き。 昨日の散歩は、その前の、暑さ慣れ散…

読書記録 「サファイア」 湊 かなえ 著  ハルキ文庫

「サファイア」 湊 かなえ 著 ハルキ文庫 2015年5月発行 細切れ時間で読んだ、短編集です。 「猫目石」に出てくる人が隣人だったら、ほんとに、やだなあ~~~。 とか、この女の人、嫌な人だなああ~~ とか、好きになれない人たちが出てきて、う~~ん…

読書記録 「雨に泣いてる」 真山 仁 著  幻冬舎

「雨に泣いてる」 真山 仁 著 幻冬舎 2015年1月発行 新聞記者が、どんなに心を痛めて、災害時の報道をしているのかが伝わってきました。 災害現場では、自分の心の平静さが保てないのは当たり前だけれど、 彼らは、強い意思で、報道をしているのだとい…

読書記録 「カーテンコール!」 加納朋子 著  新潮社

「カーテンコール!」 加納朋子 著 新潮社 2017年12月発行 今まで、この作者の本は、 ななつのこ 掌の中の小鳥 ガラスの麒麟 ささらさや てるてるあした モノレールねこ 等を読んでいます。 本屋さんで見かけると手に取ってしまう作者の一人です。 今…